ベオグラード市

ベオグラードはセルビア共和国の首都で、サヴァ川とドナウ川の合流地点、パンノニア平原とバルカン半島の交差点に位置しています。ベオグラード市の行政範囲内には、セルビアの人口の4分の1近くを占める約170万人が住んでいます。

ベオグラードエリアにおける人の居住は、紀元前4800年のヴィンチャ先史時代にまでさかのぼります。ベオグラードがセルビアの首都になったのは1405年のことです。長い歴史の中でその地理的戦略性から、街は幾度となく戦禍に見舞われ破壊されてきましたが、そのたびにベオグラードは灰の中から美しい不死鳥の如く蘇ってきました。

ベオグラードはセルビアの中で、特別行政区分となっています。ベオグラードは政治・経済活動の中心であり、中央政府、行政機関、政府省庁をはじめとし、国内最大の企業、メディア、研究機関などの本拠地になっています。

Beo Čista Energijaは廃棄物管理・発電PPP(官民連携)事業におけるベオグラード市の民間パートナーです。

ベオグラード市長
ベオグラード市環境保護局
スポンサー
伊藤忠商事

スエズ社

マルガリータファンド
金融機関
欧州復興開発銀行

国際金融公社(世界銀行グループ)

オーストリア開発銀行
Project documents links
EBRD – 環境・社会アセスメント (セルビア語 / 英語)

IFC事業情報ポータル

開示書類

これら書類は以下のリンクにも掲載されています。:

ベオグラード市-廃棄物処理発電事業生計回復支援計画
ヴィンチャ廃棄物管理-生計回復支援計画
ベオグラード市環境保護局

BCE環境社会政策声明
Copyright © Beo Čista Energija — All rights reserved.